2012年2月27日(月)開催「行動経済学を活かした意思決定のための会計」ミニセミナーのお知らせ

Seminar:森川アンドパートナーズのセミナー

 

 

 

「行動経済学を活かした意思決定のための会計」ミニセミナー

※本セミナーは終了いたしました。ありがとうございました。
<本セミナーで得られる成果>

得られる成果行動経済学による意思決定アプローチの基礎をわかりやすく学べます

得られる成果意思決定のトラップを避けるため知っておくべき会計の基礎を学べます。

得られる成果意思決定のトラップを避けるための組織、業務プロセス、意思決定プロセスの構築について設例とともに学べます。

得られる成果チェックリストによる経営判断力診断を無料で受けることができます(※希望者のみ)

 

 優れた判断を行うこと、優れた意思決定を行うことはすべての経営者、マネジャーにとって重要なものであることは言うまでもありませんが、近年ではノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カールマンなどによる行動経済学による意思決定アプローチが注目されています。

 行動経済学は人間の認知や心理的バイアスがどの様に意思決定に影響を与えるかを研究することにより意思決定を行うときに陥りがちなトラップを明らかにしています。

 そして行動経済学の中において行動ファイナンスが大きな研究分野であったことからも明らかなように、意思決定のトラップを避けるための技法として会計を活用することは大きな効果が期待できます。

 本セミナーでは、行動経済学を活用した意思決定アプローチを解説し、その研究を踏まえた会計の活用方法、組織制度、意思決定プロセス、業務プロセスの構築方法について解説を行います。

 

<受講対象>

経営者

CFO、経営企画部門の責任者

事業マネジメントの責任者、幹部、幹部候補生

※コンサルタントなど上記の対象に該当しない方の申し込みはお断りすることがありますので予めご了承ください。

 

<セミナー詳細>

開催日時:平成24年2月27日(月) 15:30~17:00

場所  :東京都中央区銀座5-6-12 bizcube7F 会議室  →■会場地図

※会場変更の可能性があります。(東京都中央区近辺) 変更の場合、別途詳細をご案内します。

定員  :6名

受講料 :4,000円(当日受付にてお支払いください)

 

<内容>

Ⅰ.行動経済アプローチによる意思決定

   規範的アプローチの限界

   意思決定のバイアス

   知覚

   選好逆転

   意思決定のトラップ

Ⅱ.意思決定の質を高める会計の基本

   Make or buy:差額収益分析

   戦略的意思決定会計

   CVP分析

   短期価格政策と長期価格政策

   セールスミックス

Ⅲ.意思決定の質を高める実践的取組み

   意思決定組織の再構築

   意思決定プロセスの再構築

   測定システム・情報システムの再構築

  

※本セミナーは終了いたしました。ありがとうございました。

お申し込みはこちらから

 

 


セミナー申し込みはこちらから